素人がやると速攻で退場しやすいパターンを紹介していきます。その①

素人がやると速攻で退場しやすいパターンを紹介していきます。その①

ども。負けないこと投げ出さないこと逃げ出さないこと信じ抜くこと、、、

どれが一番大事なのか分からなくて
困り果てているわたくしです。✌

で、今回は、

素人がやると速攻で退場しやすい
パターンを紹介していきます。


シリーズです。
これこそ罠みたいなものですね。

絶対にやらないほうがいです。
だけど、勝ったらデカいんですよね。
だから手ー出しちゃうんですよね。

もちろんわたくしも
手を出して死にかけました。。。

その①をご紹介します。

それは何かというと、

IPO上場した時の銘柄に突っ込む

って事です。

これわざわざわたくしが言うことではないかもしれませんが、

『初心者は絶対に手を出すな、出したら絶対死ぬぞ。』

レベルの罠です。

漫画カイジじゃないけど、
生き残れば大金。
失敗したら即死。

みたいのが、IPO上場時に勝負することです。
完全に丁半博打みたいなものです。

で、株価の上下がとんでもなくめまぐるしいので
初心者が手を出せば大体死にます。
運よく数回勝てたとしても、どこかでやられるので
結局いくら増やしたところで、とこかで死にます。

ただ、たしかに「当たったらでかい」ので、
必勝法みたいなものがあれば、
短期間で爆益をゲットできるのも事実です。

なので、基本的には

「手を出さなければ即死することは絶対にない」

のが、IPO上場時の銘柄勝負ですけど、
どうしてもあの渦に巻き込まれて得るもの得て生還したいのであれば、

1:何度も見て雰囲気を掴むこと。

要は「いなご」と呼ばれる野次馬的買いが入って、
そのいなごが振り落とされるがごとく株価が急降下します。

上がっている内に離脱しないと、
死のフリーフォールを食らうことになるので、
それがどういうことなのかを株価の板を見ながら経験してください。

「うっわわ、ここまで持ち続けたら、このフリーフォール食らって即死やん。。。こっっわ、、、」

って思ってこういう銘柄には手を出すのを辞めよう。と思えた人は堅実です。

だけど、「このフリーフォールを食らう前に離脱すればええんやないかいっ、やったるわい」

とまだ思うてしまっているギャンブル脳の方は、
次の段階に進んでください。

2:疑似的に買うと売るを繰り返して損益を計算してみる。

少なくとも紙には書いて「ここで買い」「ここで売り」みたいに疑似の売買をやってみてください。
10回ぐらいはやってみたほうがよいでしょう。

で、その10回全勝できたというのであれば、
実際にお金突っ込んでもまあ生還できるかもしれません。

逆に勝率5割とかだった場合は、辞めたほうが良いです。
正直なところ9勝1敗でもビミョーです。

「コツコツドカン」っていうのがありますけど、
その1敗がでかくつっこんだときであれば
全敗したのと変わらないので。

で、また「疑似」と「本当に金突っ込んだ時」でもメンタルって大体違うので、
疑似で全勝してたからと言って、11回目の本線で大きくコケることもあります。
というかかなり確率高いです。

さらに、初心者ってことは株の売買のための操作自体が経験値少なめなので、
全然勝てているのに、売買の操作ミスで負ける。。。

なんてこともあります。
通常の銘柄ならば、そんな1秒2秒遅れたぐらいで死ぬことはありませんが、
いなごがつくような状態の株は、
まじめに1秒2秒の命の取り合いみたいになっているので、
操作の慣れもかなり重要な要素になってきています。

ですので、総合的に考えても、

初心者がIPOの上場時の株に手を出すのは100害あって1利ぐらいはある。

みたいな状態だって事です。

今回説明した以外にも
「IPOの上場時の銘柄の罠」
は多く潜んでいます。

なのでぶっちゃけると、「絶対にやってはダメ!」レベルの内容なのですが、
どうしてもやりたい。という人はくれぐれもご注意ください。

おおきなかぶを引っこ抜きたいと言っておきながら、
我々からのこの「IPOの上場時に突っ込んで爆益をゲトる作戦」の推し度は、

マイナス100

です。

何度も残さずに言っておきますが、

絶対にやらないほうがいい。

です。

口を裂かれそうになっても
いくら脅されても、

SAY YES

とねばりっこい歌声で言われても、
絶対に答えはNoです。

だけど、
拷問ソムリエ伊集院茂夫もしくは、
拷問蛸に拷問された場合は、
もしかしたら、YESと言ってしまうかもしれません。。。

なので基本的にはNoです。

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次